予備校のランキングの裏側と自分の選択

名物講師から考える

予備校ランキングは信じられるか? | 名物講師から考える | 結局選んだのは・・・

東進の講師は、駿台や河合塾及び代々木ゼミナールから流れて行った講師も多く、実際に父が今井宏の授業を受講した事があった事もあり、一番最初に選択肢から除外しました。
私だけかもしれませんが、人を見下げて話しドヤ顔をする林修以上に表解板書と呼ばれる独特の講義を行っているオネエキャラ全開の金谷俊一郎は講師向きで無い事も東進を選択肢から外した一因でもあります。
授業は、内容や質以上に生徒の興味を引く必要があるのかもしれませんが、難関大学を志望する生徒と幼稚園児を一緒に考えている様な東進の講師のラインナップには疑問を感じます。
SKYの一角をなす河合塾は、父が受験したバブル崩壊前後には講義中にビールを飲む牧野剛などの名物講師が在籍しており予備校の代名詞となっていた時期があった様ですが、職員による個人情報の不正流失事件や河合塾福岡校における大麻の売買事件及び不当な雇いと止めに対する労働争議などによりジリ貧の状態なので選択肢から除外しました。
私は、国立の理数系を志望校としていたので、現代国語の牧野剛や英語の里中哲彦、富増明成など文系の科目に著名な講師が偏っている河合塾は元々眼中に無かったのですが、勢いだけの東進よりはいいかなと思っています。

#アインス医学部コース #医学部小論文通信添削講座
①自宅で作成
②答案を写メで送信
③添削答案をスマホに返却
本年度合格実績
東京医科大学1名(推薦)
東海大学1名
獨協医科大学1名
小論文は自宅で解決
尚、医学部通学コースは開講しておりません
申し訳ございません
☎️03-5420-0543 pic.twitter.com/wrrTD2b7Yr

— 看護予備校アインス代表 高島光夫 (@mitsuo0620) 2018年4月16日